ジェルネイルをすると自爪は痛みませんか?

自爪を傷めずにジェルネイルはできますか?

ジェルネイルは大きく2つに分類することができます。ひとつはハードジェルで、もうひとつはソークオフジェル(ソフトジェル)です。ハードジェルはリムーバーで溶けないので、削って落とす必要があります。一方、ソフトジェルはリムーバーで溶けるので、削る必要はありません。したがって、自爪を傷つけずにジェルネイルをするなら、ソフトジェルを使用する必要があります。

自爪が痛まないソフトジェルを見極めよう!

ソフトジェルの選び方!

ソフトジェルであれは何でも良いか?といわれるとそうではありません。ソフトジェルであっても爪を覆ってしまう以上、自爪への負担は避けられません。少しでもダメージを軽減するには、次のようなことに着目してジェル選びをするのが大事です。

原料から生産まで、全て国産のもの
化粧品登録されていて安全性が認められたもの
弾力性のあるソフトな仕上りで爪を保護してくれるもの


海外生産の場合、粗悪な原料を使用していることもあるので、国内生産のものを選びましょう。化粧品登録されているということは厳しい審査をクシアしているので、ある程度安全性は確保されています。また、ジェルの弾力性があると爪を傷つけないので、そのようなものを選ぶことをおすすめします。


これらの全ての条件を満たしたおすすめのソフトジェルはこれ!